カメラ用リュック購入

撮影に行くとき、何を撮るかが決まっていれば、
レンズの選定をしていくため、今まで使っていた
「バンガード UP-RISE45」で不都合ありません。

しかし、ごくまれに、
どのレンズがいいんだろう? って時があり、
そのようなときに、手持ちのレンズを全部入れられる
リュックが欲しいと思っていました。

ただ、あまりそういうシチュエーションが無いので
お金をかけずに要求を満たすものを探していました。

しばらくさがしていたところ、
先日中古で9000円(税込)を発見し、
思わず購入しました (笑)

購入したのは
「ハクバ GW-PRO RED バックパック マルチモード L カメラバッグ」
です。



右はUP-RISE45
左がGW-PRO RED
画像


マルチモードはこのシリーズの最高級モデルです。
友人が使っているのを見て、これしかないなって思い、
中古が出回るのを待っていました。
新品だと3万円~2万3千円です。
最初はMサイズが欲しかったんですけど、
友人のMサイズを見てみたところ、コンパクトで
いいんですが、レンズを入れられる数が、
UP-RISE45とあまり変わらないので、
Lサイズにしました。

色はグリーンです。
公式サイトだと黒一色ですが、
ヨドバシだと赤と茶色と緑があります。
Amazonだとオールブラックがあるため、
店によってオリジナルの色があるのかも。

マルチモードとUP-RISE45の比較です。

サイド
画像


どちらもサイドから取り出せます。
UP-RISE45のこの機能、かなり重宝しています。
そのため、サイドから取り出せる機能は外せませんでした。
同じGW-PRO REDでも、

こちらのリアゲートだと2気室で便利なのに
サイドから取り出せません。




でも、1万円安いのは魅力的でした。
正直、友人がマルチモードを持っていなかったら、これ買っていました。
友人曰く、マルチモードとは質感が違うとの事。
ヨレヨレなリアゲートとピシッとしたマルチモードって感じです。
UP-RISE45も結構ピシッとしているので
この件も譲れないポイントでした。

続いて、背面です。
画像


どちらも背面から開けるタイプです。
これも譲れませんね。
前面だと、誰かに開けられる・・・って不安が
あるって、みんな言いますが、そんなの関係なく
前面はだめです。

だって、地面に置いて開けるとき、
前面を開けるタイプだと、背面が地面に着いてしまいます。
そうすると、背中に土や汚れが必ず付きます。
だから、背面から開くタイプじゃないとダメなんです。


中を開けてみましょう。
画像


UP-RISE45は、短めのレンズ装着したレンズと
レンズが3本、フラッシュが1つ入ります。
ただ、70-200は入らないので、上の部屋に入れています。

マルチモードは、少し長めなレンズの16-35f4を装着した本体が入ります。
さらにレンズ4本とフラッシュ1つ。うち1本は70-200が入ります。
これだけ入れば、文句ありません。
ちなみに、蓋の中に、ノートPCも入ります。

次に上から開けてみます。
画像

UP-RISE45はもとから2気室。
マルチモードは1気室です。
しかし、2気室は便利なんです。
汚れたものをいれても、カメラが汚れませんし
小物をがさっといれても、バラバラになりません。
そのため、購入前からイメージしていた方法で
疑似2気室を作成しました。

L字の仕切りを二つ使って、
穴をふさいだだけですが、これで充分壁になります。

この改良で、かなり満足度が高いリュックになりました。

とはいっても、このリュックをメインにするほど
毎回大量に持ち運びするわけではありませんので、
1.レンズの選定ができないシチュエーション
2.ノートPCを持っていきたい場面
3.このリュックを使ってみたい日
に使うことになると思います。

Lサイズならこれがおすすめです。
真っ黒で、かっこいいのに、Mより安いんです。
今ならさらに5%引きです。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック