三脚ストラップ作成

風でブレない三脚がほしくて、
10年以上前の高級三脚のSLIK カーボンマスター 814 PROⅡを購入しました!
画像

当時8万以上したのに、数千円で買えました。

分解して、清掃しましたが、
フックが無かったのと、
脚の部品が一つ割れていたので、
SLIKへ連絡して、取り寄せることにしました。
直接SLIKから購入すると、送料と手数料がかかるため、カメラのキタムラで注文しました。

一度、撮影に持って行きましたが、
重量:2.28kg
高さ:1435mm〜1740mm
搭載最大重量:5kg
雲台:SH-806(コマ締め)
このスペック、伊達じゃありません。
風が吹いても、ブレずに撮れます。

画像

この写真、SS:20秒です。
レンズはシグマの35mm f1.4 artです。

雲台もコマ締め式なので、
締め込んだ時のズレがありません。
これは良いものだ!と思えた雲台です。


使ってみて気がついた2点を改良しました。
1.持ち運びにくいためストラップ作成
2.アルカスイス互換のプレートがコルクにあたるため、底上げしてみました。

1.ストラップ作成
画像

家に余っていたストラップを使い、
100均で購入したペット用の首輪を短くして三脚用ストラップにしました。

強度は問題なさそうですよ。
ま、壊れても三脚を落とすだけだし。
もともと傷だらけなので、気にしません。

画像

D環付きだったので、脱着が楽ですね。

画像


2.アルカスイスプレート底上げ

コルクが敷かれた雲台にアルカスイスプレートを装着しています。しかし、緩めたプレートを締め込む時、コルクにあたるんです。
それを解消するため、底上げしました。

画像

画像


コルクがあたる面積を多めにしたので、コルク無しより、強度が高いはず!

あと、脚のスポンジがボロボロになりそうなので、注文しました。
ポイントがあったので五本で1000円くらいで買えました。
到着したら、付け替えてみます。

山に持っていく三脚は相当考えて買わないといけませんが、車で出かけて、歩いて現地に行くなら、SLIK カーボンマスターPROⅡでいきます。
古くても、いい三脚ですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック