D500は使いやすい

まだ、眺めてるだけですが… 笑

2400万画素と2000万画素で
トリミング耐性がどれだけ変わるか?
にもよりますが、
D500はとても使いやすいカメラと、言えそうです。

操作しやすいと思ったのは、
D600で、不満があった箇所が
改善されていた事です。
画像

D600にはなかった、サブセレクターが追加になりました。
元の機能は、ピント位置合わせです。
これに、カスタマイズして、
中央を押すと
オートフォーカスになる
ボタンを追加しました。

これで、親指でピントを合わせられるようになりました。

D600では、
親指でオートフォーカスは可能でしたが、
ピント位置合わせは、別のボタンだったので、
移動がありました。
画像


たったこれだけですが、
ものすごく使い勝手が良くなったと思いました。

明日以降、晴れていたら、梅園にでも行って、撮影してこようと思います。
そこで、
画質を検証したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック