Lion Server購入&Timemachine設定

LionServerを電話で購入したときに、
2週間くらい掛かりますよ~って、電話口のお兄さんに言われていましたが、
1日でメールが来て、すぐにインストールできました。

トラブルはなかったんですが、意味が分からず、進まなかったので
ここにメモをしておきます。

T2Kの環境は
Macmini これをサーバーにした
MacBookPro これをバックアップしたい!
この2台です。

サーバーを立ち上げると、色々な項目が出てきますが、
まず、ユーザーを確認すると、MBPのユーザー名が出てきています。
すでに認識されているようで、設定なんていらないんだね~っと思いましたが・・・
なぜか、「!」のマークが表示されています。

アクセス制限があるようなので、パスワードを入れて、解除するわけですが、
そのパスが通らないw
そのため、設定のボタンから、パスワードをリセットしてから、もう一度パスワード設定が必要でした。

その後、Timemachineの項目をクリックして、外付けHDDを選択し・・・(選べないw)
というわけで、外付けHDDをフォーマットするわけです。
Mac OS 拡張(ジャーナリング)でフォーマットする必要があるので、注意。

フォーマット後は、無事に選択可能です。

ここから先は、MBPで操作。

バックアップ先の名前が
Backupsとなっていますので、これを選択。
次にユーザー名とパスワードですが、以前はComputersBackupとしていたユーザ名を
本当のMBPのユーザー名にする必要があります。
そして、先ほど変更したパスワードを入力すれば、全ての項目が終了。

あとは、初回バックアップを長々と待っているだけです。


これから、少しずつServerの使い方を覚えていこうと思うので、思い切って本を購入してみました。




暇を見つけて読まないとw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック