手にした瞬間、痛みが止まった!

マウスやキーボードってパソコンを使う時間で、もっとも触っている部分ですよね。

キーボードは、先日紹介したゲーミングキーボードが自分の手にフィットして、長時間の打ち込みに

耐えてくれています。マクロ登録も出来るので、よく使うパスワードとか、定型文的な文章は登録しておくと、

自動で打ち込んでくれて、楽ちんです。


では、マウスはどうでしょうか?

実は、何年も前から使っていたマウスがありまして、

「Logicool G5」というこれもゲーム用のマウスなんです。

滑り心地や、クリック感がたまらなく良い感じでして、サブPCにも使用している状況でした。


ですが・・・・・

手首が痛いんですよね、最近。



G5は、使い勝手が良いマウスだったのですが、

思い切って、別のマウスを使用してみようと言うことになって、

買ってみたのがこちら。


画像


●手首をひねることなく、自然な角度で握ることができるマウスです。このマウスを握る時の角度は、何も握らない自然な状態での手首の角度に近づけています。

●手の指の形状に合わせてマウスの形状が考えられており、握るというより添えるという感覚で、マウスとの一体感を体感することができます。

●人間工学に基づいた設計のため、長時間使用しても手首に負担がかかりません。

●マウスとしての機能も充実しています。Webブラウザの閲覧に便利なスクロールホイールボタンや、「進む」「戻る」ボタンを搭載しています。また、光学式なのでメンテナンスフリーです。


どうでしょう^^

変な形で、一瞬購入するのに戸惑います。


でも、そこを思い切って一つ購入してみたところ・・・・



手首の痛みが止まりました!!(by 本人の感想です)


でも、マウスとしての使い勝手は、悪いですよ。

完全に手首の痛みがとれたら、また元のマウスにもどしますよっと。


何でかというと、

・進む、戻るのクリックが押しにくい
・スクロールボタンがキ~キ~と、鳴る
・マウスの感度が、レーザーと違って、スムースじゃない(気がする)

からです。

レスポンスが悪いと、いらいらしますからね。

論文書き終えて、このPCが遊び専用になったら、元に戻そうかなと。

というわけで、またね~。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック