三脚と雲台

SH-806 は、
重量 670g
搭載重量 7kg
コマ締め式
という、中型三脚用の雲台です。

画像

画像

手元にある一番重い組み合わせで
70-200 f2.8が1.54kg
D500が860g
テレコン ×1.4が190g
なので、2.59kgです。
一般的に最大重量の半分が目安と言われているらしいので、
7kgの雲台で、十分対応可能します。

実際、D600と70-200の組み合わせで
風に負けない安定力を見せてくれましたので、安心です。

持ち手が加水分解により、少しべたつきがあったので、清掃しました。
画像

おかげさまで、つるつるです 笑

三脚はカーボンマスター814proⅡ。
先日装着したスポンジカバーを両面テープで固定しました。
これで、握ってもスポンジが動かなくなりました。
画像


こうして、メンテナンスしながら使ってみると、愛着がわきますね〜。

実は、大型のカーボン三脚をまたまた格安で購入したので、そのうちレビューします!こちらは、スポンジカバーをつけるくらいしか、メンテナンスすることがなさそうです。購入理由は、安かったので売ってる時に買っておいた感じです。

sc703という、3段の三脚です。
太くて3段の脚。
最大重量が7kgです。
もう、最高ですね。
いつ使うの?って、言わないでくださいね。
正規の値段じゃ、買えないので、
中古で買っただけなので… 笑

強いて言えば、
カーボンマスター814PROⅡは、
5kgまで対応なので、今より重いシステムになると、辛いのかなぁと
思ってみたり。
ま、言い訳です。

あとは、
登山用の三脚
の二つあれば、コンプリートかな?

こちらは、おもいっきり機能を制限して、軽くて小さくて、丈夫なやつを探してます。
正直、登山中に三脚使う時って、
自分の撮影スタイルだと、
「超ローアングル」
が多いんですよね。
なので、そこを重点的に探します。

それにしても、機能は最新と変わらないのに、格安で売られているのって、嬉しいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック