PENTAX Q 7 マウントアダプター修理

PENTAX Q 7にマウントアダプターを介して使用すると、4.6倍になるため、300mmのレンズが1380mmになります。

先日のスーパームーンを撮影したところ
このくらいに撮れました。
トリミングしてません。

画像



装着したところの図
画像


このように、カメラがおまけのような状態になります 笑

相対的にレンズが重すぎるので、
マウントアダプター自体に三脚がつけられるようになっていますが、
中華クオリティのため、
数回使用で、すぐに壊れてしまいました…

具体的に申しますと、
シャッターの衝撃で、傾いてしまうくらい、固定力がなかったわけです。
それでも、月が撮れたので、我慢してました。

以前、xbox360のハンコン台を作成してくれたおじさまに、修理を依頼したところ、

画像
画像


このように、ゴツくなって帰ってきました 笑
もう、二度と壊れなさそうで、最高です。

2mmのネジが折れてたから、
3mmに変更したとのこと。

これで揺れ対策になるので、
どんなレンズでも対応できるようになりました。

近々見られるはずの、半月から三日月を撮影するのに、使いたいと思います。

画像

こちらのkenkoの×1.4テレコンバーターを使うと
1932mmになります 笑

純正のほうが画質がいいので、
70-200 には純正を使っていますが、
使用できるレンズが限られてしまいます。
kenkoのメリットは、どのレンズでも使えることです。
画質よりも倍率!
割り切って使うと、いいものが撮れそうです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック