OS X 10.10 (Yosemite) は駄目だった・・・

Mac OS X 10.9 (Mavericks)が一番使いやすいと感じたT2Kです。
Mac OS 初の無料OSとなったMavericksですが、名前もかっこいい。
さらに、使い勝手がよかったんですよ。

具体的には
1.OSX 10.7 の機種でもスムーズに動作した
2.使用しているレーザープリンタが認識された
という2点でした。

基本的に、初期に導入されていたOSが一番使いやすいと思っていたので、
MBP13(2011モデル)には、しばらく10.7しか入れていませんでした。
10.8を購入せずに、無料だったため、10.9を試しに入れたみて、
使い勝手がよかったので、そのまま使っていた訳です。

先日、5年使っていたMacBookPro13インチ 2011年モデル(MBP)から、
MacBook Air11インチ 2013年モデル(MBA)に乗り換えました。

乗り換えた理由は
1.MBP13インチが重くて大きかった
   →持ち運びに11インチが便利そうだった
2.2012年モデル以降ならUSB3.0対応になっている
   →USB3.0は2.0には戻れない速さがある
ためです。

今まで、持ち運びしないことを前提にMBPを使っていましたが、
これからは、持ち運ぶことを前提にノートパソコンを使うので
どうしても、軽くて小さいものが欲しかったんです。
(今買い替えなら、等価交換並みだったのも後押ししています)

話がそれましたが、購入したMBAが、OS 10.10が導入されていました。
公式スペックでは、初期OSは、10.8~10.9です。販売時期によって異なります。
どちらにしても、10.9は入るということになります。

冒頭で述べた通り、使用しているプリンタが認識しなければ、
そのOSは、使えません。結果的に、10.10は
認識しないプリンタがあったので、元に戻す必要がありました。

そこで、
下記URLを参考に、
USBメモリに10.9インストーラーを入れて、インストールしてみました。
http://pc-karuma.net/mac-mavericks-install-media-app-diskmaker/

記事に書かれているDiskMaker Xは、
下記URLからダウンロードしています。
http://liondiskmaker.com/

おかげで、無事に10.9.5にダウングレードされて、プリンタも認識しました。

ちなみに、認識しなかったプリンタは、
RICOH IPSiO SP4000です。
2010年に購入して以来、一番お世話になっているプリンタです。

モノクロ印刷専用ですが、ちょっとした印刷にはもってこいです。
本体9000円で購入し、同価格のリサイクルトナーを入れて
いまでも使えています。コスパは最高です。

カラーレーザーの
OKI C301dn は、普通に認識してくれました。
こいつは今でも、1万5千円くらいで売っています。
個人で使うには、ちょうどいい機能で、動作も機敏です。
・USB接続+LAN接続
・両面プリント
・純正トナーを使っていれば、5年保証
は、最強です。


これらのプリンタが使えるOSx10.9は、しばらくの間
T2Kの中で最高のOSとなります。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック