親父のPC あと少し

このプロジェクトも終盤にさしかかりました。

トラブル続きでどんどん予算が膨らむ中、
最後の最後で、びっくりするほどのトラブルが・・・・


なんと、スリムドライブのSATA端子が、
専用端子・・・


おいおい。ここに来て、また買い直しはもういやだぞ~
と、検索したところ、





ありました。
スリムドライブ用変換コードがw

これ、さっき購入したので、まだ届きませんが、
本体組み立てはすでに完成しました。

中はこんな感じです
画像

左上に、AC電源の基盤があります。
穴を開けなくても、何とか固定できました。

後ろ姿はこんな感じ
画像

小さな筐体に、必要な端子はすべて凝縮されている感じですね。
これ以上無いくらいの端子の豊富さは、うらやましいです。

スリムドライブを装着した状態
画像

これに、SATAコードをつければ、本当の完成です。
正面にある、USB3.0が、うらやましいですね。
ちなみに、スリムドライブは、Panasonic製です。

最後に、全体像
画像

う~ん、これ。
時間をかけて作っただけあって、嫁に出すのをためらう位です。


電源入れても、音がしないので、立ち上がってるのかどうか、わからないくらいです。
そのくらい静かです。
動作速度については、実際にやってみればわかりますが、
Windowsエクスペリエンスで、ほとんどが7台をたたき出しています。
グラフィック系だけは、5~6台ですが、
ばりばりの3Dゲームやらない親父には、問題ないです。

正直、ペンティアムっていうCPUをなめていましたが、
数年前の最高機種より速いことがわかりました。
数千円で数年前の数万円に勝てるって・・・・
もう、最新機種とか、いらないね。


<<<最終合計金額>>>

マザーボード 12400円
CPU        7045円
メモリ       3000円
DVDドライブ    2800円
AC電源       7179円
ケース       5890円
コード        896円
その他   プライスレス
===========
合計      3万9206円

結局、当初の2倍かかった・・・
申し訳ない。

予定外の購入・・・
電源・ケース・コード・ドライブ
これらが本当に予定外だった。
詰めが甘かったです。
勉強になりました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年11月26日 14:38
マシンに会うのが楽しみです。
HHDを移す、と言うことは今のデータもそのまま移るって事でいいのかな?
お任せするので安心はしているのですが。
2014年11月27日 21:40
HDDをうつすのは、物理的な問題で、キャンセルです。
データは、当日移します。
1.USBメモリでデータを移し、
2.ソフトは、インストールし直す
これでいいかと思います。

この記事へのトラックバック