RICOH SP4000 VS OKI C301dn

本日、C301dnが到着しました~

箱を見た瞬間、

「でかい!」

と感じたのですが、中を開けてもう一度

「でかい!」

と、うなりましたw

SP4000で大きさにはなれていたはずなのに、それでもでかさを実感したので
これは、初めてレーザープリンタを使う人には、衝撃でしょうね。

レビューできるほど使用していないので、簡単な記事になりますが、
SP4000では気がつかなかった点について報告。

1.でかい
A3でしたっけ? と聞き返したくなるような大きさ。
横幅と高さは気になりませんが、奥行きが・・・
これは、トナーが4つ入っているからだと思います。
これを小さくすると、トナー容量が少なくなるんだよね。
あと、両面印刷可能っていうことで、この大きさかも。

2.印刷可能になるまでが、うるさい&遅い
ま、ほかのカラーレーザーで実感していましたので、
気にはなりませんが、
「あ、やっぱりね」
程度の感想。意外とSP4000は静かだったんだなぁと。

3.印刷がきれい
SP4000と比べてるわけではないですが、きれいですね。
グレーがきれいに出ます。
カラー印刷時もきれいですし、印刷が始まれば、速いですしGood。

4.Mac対応
ドライバを入れたら、すぐに使えました。
SP4000は苦労したので、これは楽かも。

5.印刷のバリエーションが増えた
SP4000は、白黒印刷専用機として、十分な働きとコスパをもたらしてくれています。
1トナーで12000枚印刷可能は、化け物ですw
まだ、1万枚以上印刷可能なので、しばらくトナー交換の必要が無いですし。
(メンテナンス費用0円ってこと)
そこに登場したC301dn。
今まで足りなかった
・両面印刷
・カラー印刷
をカバーしてくれるので、どんな印刷場面にも対応してくれます。
カラー印刷で、試しに撮影した写真を一枚印刷してみましたが、
予想を上回るきれいさ、スピードでした。
こんな簡単に印刷できるんだ~って思いましたが、
やたらに使うと、すぐにトナー切れになるので、止めておこうwww

というわけで、これから印刷が楽しみですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック