Radeon HD4870装着!

本日、HD4870が届いたため、MacProに装着しました。

結果を言えば、無事にブート可能となりました。
そのため、OS10.6.3をCDブートして、
SSDにインストールすることも可能です。

先日の記事にも記載しましたが、
HD4870には、補助電源が2つ必要になります。
購入したHD4870は、元々Windows用のため、
MacPro専用のコードが付属しておりません。

ひとつは、もともとついていたグラボのコードがあったので
それを流用しましたが、もう一つ必要となったので、




これを購入したわけですが、
1カ所、とても簡単な加工が必要です。

画像


これだけですw
HDDを挿入する端子から電源をもらうので、HDDを4つ使用する人には使えません。
そういう人は、素直に高価な6pin-mini6pinコードを購入するか、
DVDドライブの電源から変換するタイプのものを購入するしか
無いと思います・・


アイネックス PCI Express用電源変換ケーブル PX-001A
AINEX
2008-06-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アイネックス PCI Express用電源変換ケーブル PX-001A の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


おそらく、こういう商品が該当すると思われます。

ちなみに、純正の補助電源コードをとる場所は、
画像

この四角で囲われた場所です。

というわけで、ROM書き換えをしたHD4870は、
何の問題もなく、OSインストールやブート機能が使えていますというレポートでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック