あこがれのMacProが我が家に来た

何年か前に、MacBookProを格安で譲ってくれた方が、

「そうそう、うちのMacProが壊れたんだけど、もらってくれる?」

と、申し出てくれたため、喜んで引き受けた。


もちろん、ただでくれるのには、訳があったのだが、

「画面がブロックノイズで起動していても、何が映ってるのか見えない」

という、意味不明な状態らしい。
部品を取り寄せれば直るんじゃないか?ということだが、
本人は、おそらく新しいMacProがほしくて(?)
T2Kに無料でくれたんだと思った。

そういうわけで、
我が家にMacProが届いたわけですが、指摘通り、ブロックノイズが画面いっぱいで、
起動しても、全く操作できず。

しかし、そのスペックに驚愕。

CPU Xeon3.0MHz QuadCore×2
メモリ 12GB (空きスロット×2)
SSD  SAMSUNG256GB×1 (空きスロット×3)
ビデオカード X1900XT 故障・・とおもわれる
オプション AirMac(無線LAN)
       Bluetooth

これは、直すしかないだろww

というわけで、ググった結果、ビデオカードの不具合と断定。
(ブロックノイズで画面が見えないけど、確かに起動しているため)

こいつをポチッと購入してみました。
だめでも、3470円の赤字。


SAPPHIRE HD6450 1G DDR3 PCI-E HDMI/DVI-D/VGA
SAPPHIRE
2011-04-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SAPPHIRE HD6450 1G DDR3 PCI-E HDMI/DVI-D/VGA の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これで、起動できれば、普通に使えるんですが、欠点が一つだけ・・

「CD起動できない」

これは、元々Windows用のものが、Macでも「認識してくれる」というものなので、
起動はできても、起動選択画面が稼働しないらしいです。
そのため、新たにOSを入れ直すことができないという欠点が生じています。

しかし、すでに起動可能なOSが入っているSSDが付属しており、当面は困ることないため、
この問題は、ビデオカードの不具合であることがわかってから考える問題といえます。

万が一、ビデオカード交換で不具合が直らなければ、ただのアルミの塊となるため、
そのときは、3470円のオブジェとなるわけです。


===================

これからの作業

1.ビデオカード交換して、起動することを確認する
2.8CoreのCPUを生かせる作業を考える
3.置き場所を考える
4.メモリの空きを埋めるかどうか・・(12GBから16GBにするか)

1につて
起動してくれよと、祈るだけw

2について
おそらく、Aperture(画像編集ソフト)専用Macになると予想

3について
これが問題。我が家にあるタワー型のWindowsより大きいので、困るw
存在感があってよろしいですが、ありすぎて困る。

4について
12GBで十分だと思われる。写真加工にそこまで使うのか?と思うが、
使うんだろうな・・・ でも、あと4GB分かうのは、お金がもったいないので、
買わないと思う。

という感じで、構想を練っている。
しかし、1の起動してくれることがすべての前提。
明後日届くので、そのときにレビューする予定。


==============

初めてのMacProを手にした感想

1.予想していた100倍静かな音
2.予想していた10倍 大きかった
3.予想どおり、メンテナンスがしやすい

ということ。

1について
起動時、ぶおーんって、なりますが、起動した後は、とっても静か。
手元にあるWinタワーも静かだけど、もっと静かだったのには驚いた。
8Coreでも、こんなに静かなんだと、関心した。

2について
ま、大きかったです。

3について
中を開けて、何かを取り出そうとするときに、感じた。
見た目が、わかりやすい。

こんな感じ
画像


早く明後日になればいいのに・・・
楽しみですよ~~~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック