Macネタ TimeCapsule起動

Amazonで注文した、中古のTimeCapsuleが本日到着しました。

動作確認をして、すぐに解体w
HDDを500GB→2TBに変更しました。

以下手順
01.おそらくすべり止め程度の機能しかなさそうな、裏側一面にあるゴムをはがします。
   ドライヤーで暖めながらはがせば、ゴムの割れを防げ、粘着テープが剥がれます。
02.プラスドライバーでネジをすべてとる。
03.裏蓋をゆっくりはずす(ファンが付いているので、注意必要)。
04.HDDのネジを4つはずす。
05.HDDの端子を2つはずす。
06.新しいHDDに交換。
07.5~2の手順でもとに戻す。

====ここから、設定====

08.AirMacユーティリティを立ち上げると、TimeCapsuleが認識されます。
09.もし認識されなければ・・・
10.本体背面のセキュリティスロット横にハードウェアリセットボタンがあるので
   『長押し』してリセットを実行。
11.あとはLAN接続でローカルネットワーク上で認識されれば自動的にAirMacユーティリティで
   自動的にTimeCapsuleを認識します。あとは設定画面の”ディスク”タブを選択してHDDの
   フォーマットをします。
12.プロバイダで割り当てられたDNSサーバを入力。
13.接続方法はDHCPに変更(T2Kのプロバイダの場合です)。
   こうしないと、AirMacでエラーが出るため。

設定の度にTimeCapsuleの再起動が必要となりますので、気長に待ちます。
ま、それほど起動時間は長くありませんので、気になりませんがw

試行錯誤しながらやったので、時間がかかりましたが、
この手順どおりにやれば、簡単だと思います。

しかし、不可解なことが起きまして・・・

画像を御覧ください。

画像


ずっと認識しなかった、あいつが・・・
なぜ認識してやがるのじゃ~!!

今更、使ってやらねぇからな。
ちっくしょ~w

というわけで、今のところ順調にバックアップが動いています。
このまま問題起きなければいいんだけどなぁ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック