住宅ローン 借り換え編2

元々契約していた銀行から、返事が来たことで、こちらの態度をはっきりさせることができました。

「T2Kさん、10年契約ですが、、2.7%でやらせてもらいたいです」

「3年固定ならがんばりますので、1.4%でいかがでしょうか」

「T2Kさんが、ここで乗り換えるメリットはありませんよ」

と、電話で伝えられたことで、気持ちが100%他銀行に移りました。

<10年固定金利について>
そもそも、他銀行は10年固定1.6%でやっているのに、なぜ2.7%なのか。
それで、顧客を捕まえられるとでも思っていたのか・・・
3年で1.4%だって、同じ。他銀行は1.0%ですよ。
これで、3年後にどんな金利をふっかけられるかと思うと、3年固定なんてやってられません。

<10年固定金利のメリット>
そりゃ、3年固定のほうが金利は安いのは知っています。
しかし、これからどう金利が変動するか、分かりませんから、
できることなら固定期間を延ばしたかったのもあります。
更に、もう一点。

「どの銀行でも、固定期間が終了すると、普通の金利に戻るというキャンペーン」

で、いまの金利が安いわけです。
だから1.6%や2.7%という差がでるんです。
もちろん、10年固定が終われば、次の金利は今のままだと2.7%程度まで上がるわけです。
10年以上借りるのは、デメリットが大きい。
そのため、T2Kは、貯金を崩してでも、10年ジャストに押さえたかったんです。

今回、10年固定で支払期間は10年なので、金利が上がる心配が不要。
これが、T2Kの10年固定の最大のメリットです。


<最後の、乗り換えるメリットがない発言について・・・>
残念ですが、僕は、メリットばかり見ていません。
今の家をリフォームするにしても、立て替えるのも、結局ローンが必要になるんです。
そのときに、どういう対応をしてもらえるか、どれだけの金利を持ってくるか?
などを考えると、
「この程度の金利を伝えれば、残るだろう」
的な対応をされるのは、顧客としてはつらいんですね。
そういう後のことを考えた銀行選びを始めただけですから、目先のメリットなんて、気にしてません。
メリットもあったしwww

<メリットについて>
無いと断言されましたが、明らかにありました。
1.借り換えることで、金利が下がり、支払い年数が軽減した
2.残年数の期間、全てが固定になったので、世の中の金利を気にしなくて済む
3.手数料を支払っても、最終支払い金額がかなり減った


今回の行動で、支払い年数が3年縮まりました。
元々35年ローンで組んだわけですが、
これにより、21年で支払いが完了する計算です。
14年も削減できたのは、かなり大きいと思います。

息子が20歳になるときには、支払いが終わっているので、
そこまで乗り切れば、あとの人生は何とかなりそうw
だから、頼む・・・公立行ってくれ!!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック