Macネタ Time machine ができなくなった・・

過去に、NASを使ってMacのバックアップができるように設定した記事を書いたわけですが
なぜだか分かりませんが、先日から

MacBookProのみ、NASを使ったTimemachine が認識されなくなってしまいました。
同じような環境にあるMacminiは、何の問題もなく認識されているので、意味が分かりませんw

MBPはWifiで接続しているため、Wifiをやめたらどうなるのか?
と思い、LANケーブルで接続したところ、これがなんと・・・
接続可能ですwww

ということは、Wifi経由だと問題!
なので、解決策を・・・・


・・・


・・・・・・



見つからない><


OS10.7(Lion)になってから、NASの取り扱いが厳しくなったようで、
純正か、Lion対応となっている物しか使えない様子。
しかし、バージョンアップして、自分の使っているStoraも対応しているはずなのに・・・
現に、Macminiは使えるんだし。

これは、TimeCapsuleを買えってことか~>< と思い、AppleのHPを覗くと、
2TBで2万2千円弱。
高いんだか、安いんだか分からないが、他社製品だと
2TBで1万5千円程度。

これでは、そう簡単に手が出せない。



無料のFreeNASというOSなら、Mac対応だ~
これでどうだ~~~~~~

Lion非対応でした・・・

という感じで、ことごとく撃沈したわけですが、2万円も出せるわけ無いため、
もう一度、検討し直し・・・

と、ここで、目には歯を、LionにはLionを!と、思いつき、(?)
Lion対応が少ないなら、Lionにがんばってもらおうw

という、灯台もと暗し的な、案が浮上。

簡単に言うと、
手元にあるMacminiをクライアントから、サーバーに格上げし、
MacminiにTimemachineの機能を載せてしまおう作戦です。



今は、マウンテンライオン(10.8)が販売されているので
直接LionServerを購入することはできません。
そのため、
0120-993-993(コールセンター)
に電話する必要があります。

ここで、LionServerがほしいと伝えると、
AppleIDを聞かれ、支払い方法や住所、電話番号など質問されます。
最後にどの機種で使うか?と聞かれ、
元々Lionが入ったMacminiに~と伝えれば、購入手続き完了です。

値段は1700円。
元々、4300円くらいしたServerなので、格安ですね。

もうすぐ、10.9(マーベリック)が販売されると、2つ過去の物となるLionが
販売終了となるのでは?という心配があり、焦ってましたが、
もう安心ですw

これで、Timemachineの機能が復活する・・・・はずなので、
安心していられるわけですが、
それにしても、一度HDDが壊れて、復旧してもらってから、
バックアップ中毒になってるんじゃないか?というくらい、
データの破損にびびりまくっているT2Kでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック