GalaxySⅢを電子辞書にする

GalaxcySⅢにも、標準装備の辞書がありますが、

日本語-韓国語(ニューエース)
英和・和英(旺文社)


という2種類しかないんですね。
国語辞典がないんです。

GalaxcySⅢを買う前に検討していた
「ARROWS X F-10D」
には、29種類の辞書が標準装備されています。
広辞苑・英和・和英・医学辞書など・・

知り合いが、ArrowsX F-10Dを購入し、使い勝手を聞いていますので
とてもじゃないですが、ほしいとは思いませんが、
(メール・ネット閲覧程度で、すぐに電池切れ&熱暴走により、充電もできず・・etc)
辞書機能に限っていえば、正直うらやましい限りですw

しかし、せっかくGalaxcySⅢを買ったので、
こいつにも、少しは辞書機能を搭載してみたいと思いました。

とは言っても、29冊も使わないので、
実際に使っている機能を厳選した結果・・・

1.国語辞典
2.英和・和英辞典
3.百科事典

の3種類に絞り込みました。


次に予算について検討しました。

1.無料
2.有料

もちろん、無料でできればそれがいいw
というわけで、検索しましたが・・・

ありました、ありましたw

Yahoo辞書
国語辞書 大辞泉
英和辞書 eプログレッシブ英和中辞典
和英辞書 プログレッシブ和英中辞典

こ、こんなのがあるんですね。

これで十分じゃ・・・w


と思ったんですが、これらのサービスは
無料ではありますが、ネット上のサービスなんです。

T2Kが求めているのは、待ち時間0秒のインストールした辞書なんです!

というわけで、無料では、ネット上の辞書以上のものがありませんでしたので
有料に絞って検索開始。

大辞林 2500円
三省堂国語辞典 980円
広辞苑第六版 8500円
その他 1200~1800円

英和・和英辞典も同様の価格帯でした。
どれも高いよ・・・買えませんw

スマホでしか使えないアプリに何千円も出せるわけないだろ~
って、独りごと言いながら、あきらめかけたとき、

EPWING
という規格が辞書にはあるとわかりました。
辞書データをこの規格に変換すれば、
Windowsだろうが、Macだろうが、Androidでも、iOSでも、
関係なく閲覧できるようになる!というものです。


これがあれば格安で辞書運用ができるだけでなく、
デスクトップPC、ノートPCにも導入でき、
いつでもどこでも辞書がついてくる状態になるじゃないか!

というわけで、購入したものリストです。

1.広辞苑第五版 800円(オークションで送料込み)
2.英辞郎 第六版 1230円(アマゾンで中古、送料込み)
3.Wikipediaオフライン用(無料)

この3つがあれば、大抵の検索はできるでしょう。

広辞苑は正直おすすめです。
ほかの辞典だと、一言程度の解説なのに、広辞苑は
解説文がとても細かいですからね。
これが800円ですから、お買い得w

英辞郎はまだ手元にないので、よくわかりませんが
英論文を読むのにかなり助かりそうなアイテムです。
新品で買うと、2900円くらいしますので、お買い得かと。

Wikipediaオフライン用は、現在ネットで見られるWikiの内容を
オフラインで見られるようにしたものです。

どれも、ネットにつながずに見られますので、
さくさく動きます。2030円だした甲斐がありました^^ノ


というわけで、GalaxcySⅢを電子辞書にする計画は成功しました^^

次回は、広辞苑をGalaxcySⅢに導入するときに、苦労した点をまとめておきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック