Ricoh SP4000設定 (修正)

こんばんは

Macを使い始めてから、元々の環境を出来るだけMacに移行させてみようと試みています。

以前から使用しているレーザープリンタがOSX Lionで使用出来ることが分かりましたので、早速設定してみました。

以下設定方法

ESP Ghostscript 7.07.1 for MacOSX 10.2~10.5 (ppc/intel)のダウンロード

http://mike.md.tsukuba.ac.jp/printer/Mac/ghostscript.html

ここからespgs071105.dmgをダウンロードします。

<インストール方法>
・espgs071105.dmgをマウント
・pkgファイルを開く
・インストールを進める
・システム環境設定より、プリンタを追加
・プリンタドライバに「Richo RPDL III Laser Printer,Foomatic + rpdl」を指定する

以上

これでLionでもSP4000が使用出来るようになりました。
T2KのSP4000には、LANボードが入っていますので、
全ての接続は、LAN経由となります。
普通はUSB接続となると思いますが、たぶん同じ方法で出来るはず。


両面印刷の方法 修正

実は、以前両面印刷の方法を記事にしましたが、あの方法は、設定が間違っていました。
「白紙を印刷しない」という設定のままで、使用していたため、ややこしい事になっていたわけです。

「今回は、白紙も印刷する設定」で、両面印刷をマニュアルで行う方法をメモしておきます。

・奇数印刷を普通に印刷する
・印刷されたファイルのページ数が大きい方を上にして、印刷面が見えないようにして、奥に紙の上側が来るようにセットします。
・偶数印刷を逆順で印刷する

これで、1234ときれいに並んだ状態で印刷が修了するはずです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック