ハンディスキャナ比較

ハンディスキャナって知ってますか?

普通のスキャナは卓上が主で、これらはフラットベーススキャナと呼ばれるものです。
ほとんどの人は、プリンタについている一体型のやつを使っていると思います^^(自分ももってます)

では、ハンディスキャナとは・・?

ハンディスキャナというのは、パソコンがその場になくてもつかえて、A4までのサイズならどこでも使えるスキャナのことなんです。

いろいろ調べてみると大手業者が3社見つかりました。
正直、どの機種も形が同じで、甲乙つけがたいですw
なので、3機種とも紹介してみます。


3R-システム
画像

パソコンいらずで簡単スキャン。どこでもどなたでも簡単にスキャン可能。
外出先で、オフィフ内で、どのようなシーンでもご利用いただけます。
しかも綺麗、操作も簡単、MicroSDにダイレクトで保存。解像度はなんと600dpi。付属でMicroSD2Gがついてます。デュアルローラー搭載でよりスムーズなすべりを実現。また、スキャン日時を保存ファイル名に記録するクロック機能付。


メリット
クロック機能付・・・ファイル名に日付けが入ることで管理しやすい。
ほかの機種よりも、微妙にスキャンできる距離が長い。(あくまでも微妙にです)
2GBのMicroSDがついてくる

デメリット
値段が一番高い


サンコー
画像

今までは、会社に戻って資料をスキャンしていたビジネスマンの方に朗報。当商品は、いつでもどこでもスキャン可能なので、出先や現場さらには移動時間や商談中などにサッと取り出してすぐにスキャン可能になる。これを使ってスムーズなビジネスライフを。
初めて見た人は「えっこれがスキャナ!?」と驚くはず。当商品はこんなスリムサイズなのにしっかり、最大A4サイズまで高画質スキャンすることが可能。単3乾電池式なので電源は不要で、好きな場所で使用できてとても便利。
操作方法はいたって簡単。電源をONにして、スキャンボタンを押すだけ。後はスキャンしたいメディアに合せて動かすだけ。機能面もボタンは解像度「600dpi⇔300dpi」「カラー⇔モノクロ」切り替えのみと、とてもシンプルなので、どなたでも楽々使用することが可能。


とありますが、これといった特徴はなし。書かれている機能は、ほかの2機種にもある機能ばかりです。

メリット
おそらく3機種の中では一番安い(1000円弱安いかな)

デメリット
いたって標準的な機能しかないため、これといった特徴がない
MicroSDが別売り


テック
画像


本体サイズ25cmx 3cmx 3cm 重量210g(電池重量を含む)と非常に軽量、コンパクトとなっており、製品単体で動作が可能となっております。スキャンはワンプッシュで行なえるので、どなたでも簡単にお使い頂く事が出来ます。
カラー・モノクロの両方の読み取りに対応しており、スキャン時の解像度も標準モード(300dpi)と高品質モード(600dpi)の切替えが可能。
iPadでのスキャン画像閲覧に対応し、別売りのApple iPad Camera ConnectionKitをお使い頂くことにより、iPadと接続し、スキャンした画像をその場ですぐに見る事が可能です。付属品としてMicroSD2GBとSDアダプターが付属致します。
32GBまでのmicroSDカードに対応。

きましたよ。iPad対応!!!(もってませんがw)
なんたらかんたらっていう別売りパーツはAppleで7千円以上する代物ですが、これがあれば、パソコンなくても画像が見れるらしいです。そんな機能、自分はいらないですけどw

メリット
2GBのMicroSDがついてくる
32GBまでのMicroSDに対応している(無駄に多めですがw)
iPadに唯一対応している

デメリット
値段は中くらい(1万円前後)


講評
正直、メモリは1GBで十分だと思います。だって、1GBで1280枚も保存できるんですよ。(300dpiでモノクロの場合)
2GBならその倍です。32GBってどんだけ溜め込むんですか?w
そんなにスキャンするなら、間違いなくクロック機能は必須ですよね。
この時点で、3Rシステムに1ポイント。

サンコーはどうなのか。
何にも特化した機能がないのは×
安いけど、テックと比べても千円弱。どうかんがえても、機能不足といわざるを得ない。マイナス1ポイント。

テック
クロック機能はないけど、無駄に32GB対応だけど、もってないiPad対応だけど・・・
値段がそこそこで無駄な機能がついているところが吉(え?)
いつかiPadを購入したときに、このスキャナもっててよかったと思える夢を見たい方にお勧めの一品。
そして、自分はそんな夢をみていたり・・・・
1ポイントゲット。


ここまでで3Rvsテックに絞られました。

クロック機能 vs iPad対応

皆さんなら、どっちを選びますか?w

自分が選んだのはこっち


ポータブルハンディスキャナー hidescan2
テック
2010-08-31

ユーザレビュー:
PCレスでスキャン可 ...
iPadに完全対応評 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポータブルハンディスキャナー hidescan2 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



男はいつまでも夢をみて生きるんです。
ただそれだけですw

クロック機能は捨てがたいとおもったのですが、
自分の性格上、毎日ファイルはバックアップ取るので、切捨てごめんできる機能になりましたw

どんなにがんばってもiPad対応はほかの機種にはなかったので、これが勝ち残りって訳です。
というのは半分冗談で、値段が1万円くらいでそれなりによいものが買えるってところがお勧め^^

基本的にはどれも同じだと思いますので、気に入ったものを買うのが吉だと思います。
ただ、3Rシステムの機種が一番手で、あとはコピー品というのが3Rシステムの言い分としてあります。
オリジナルがほしい方は、数千円プラスして、3Rを買うのが吉です。

サンコーは、これといった特徴はありませんが、見方を変えれば、これといった不具合もないということで。
3機種の中では一番安いという特徴があります。値段命のかたは、これが吉。
でも・・・・テックにはもうひとつの秘策がw

上で紹介している機種は hidescan2 というものなんですが、実は hidescan というものもありまして、
これはiPad未対応なんですが、値段がサンコーと同じくらいなんです。
こうなったらもう、どっちもまったく同じですw
好きなほうをかえばOK。

明日テックのhidescan2が届く予定なので、レビューしていきたいと思います。


エニティ 携帯式ハンディスキャナー 3R-HSA610BK
エニティ
2010-07-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エニティ 携帯式ハンディスキャナー 3R-HSA610BK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サンコー A4サイズ スーパースリムハンディスキャナ USPS41A4 <35093>
サンコー

ユーザレビュー:
いつも持ち歩いていま ...
満足しています昔のハ ...
コストパフォーマンス ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by サンコー A4サイズ スーパースリムハンディスキャナ USPS41A4 <35093> の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



3Rが12000円ちょっとで、サンコーが9000円ちょっとで売られていました。
テックが10000円ほどなので、どれにするか悩みますね。

テック
http://www.tecnosite.co.jp/trading/hidescan2.html

3R
http://www.3rrr.co.jp/products/anyty/anyty_hsa610bk.html
おぃw iPad対応してるじゃねぇかwww 

サンコー
http://www.thanko.jp/product/pc/scanner-a4.html
な、なんと11月1日から価格改定で7000円台で買えるらしいwww

たった一日待てば2千円も浮いたのか^^;;

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック